政治資金クラウド

会計ソフトfreeeを使った政治資金会計サービス

ログインはこちら

政治資金クラウドは、政治資金の会計業務にシェアNo1クラウド会計ソフトfreeeを使うためのサポートツールです。

政治資金クラウドはNPO法人ドットジェイピーがfreee株式会社様からの協力のもとに運営しています。 会計ソフトfreeeを普段の経理業務に利用し、政治資金収支報告書や使途等報告書が作成できます。 スターターガイド(PDF)のダウンロードはこちら

会計ソフトfreeeについてもっと詳しく
会計フリーfreee

政治家が自らを守るために。

政治家自身が団体の収支を正しく把握し、想定されるリスクに対処できる仕組みを整えることが重要です。

update

政治家と秘書の情報共有

収支の状況が見える化することでリアルタイムで 団体の財務状況を正しく把握でき、責任者間での円滑なコミュニケーションを可能にします。

free

内部監査プログラム

会計帳簿をスクリーニングし、量的制限等で法令に抵触する恐れのある収支がないか機械的なチェックをすることでミスを未然に防ぎます。

sns

知識不要の複式管理

登録された情報は自動的に複式簿記の形式で情報が保存されるため、開示請求にも透明性の高い複式簿記の形式で説明責任を果たすことができます。

経理担当者の業務も省力化

リスクへの対策だけでなく経理担当者の業務負荷を減らし、管理を合理化することにも繋がります。

update

取引明細を自動仕訳

政治団体の活動にかかる資金のやりとりを口座に一元化させることで、会計・経理にかかる業務を大幅に削減することができます。 クラウド会計ではオンラインバンキングから明細情報を収集し、過去の仕訳を参考に自動的に仕訳を行います。

free

関連する複数団体の経理も一元化

政治団体が複数ある場合でも一つのアカウントで情報を管理することができます。 収支をどの政治団体に計上するかはタグ付け設定で簡単に切り替えることが可能です。

ご利用の流れ

会計ソフトfreeeは30日間の無料お試しができます。
政治資金クラウドのセットアップについてはスターターガイド(PDF)もご参照ください。

政治資金クラウドのご利用の流れ

さっそく、無料で試してみる

freeeアカウント新規作成(無料) 既にfreeeアカウントをお持ちの方

利用料金

ご利用にかかる料金は収支報告書作成時点での契約者様が在籍される議会の種別により決定します。

政治資金クラウドのご利用の流れ

※ 政治資金クラウドのご利用には、会計ソフトfreeeの法人プラン(¥1980/月〜)へのお申し込みが別途必要です。

※ 利用料金は登録される政治団体数や政治団体の種別に関わらず契約者様一人当たりに対し発生します。ただし登録可能な政治団体は自身の関連団体に限ります。

※ 政治資金クラウドの利用料は政治資金関連書類の出力タイミングで課金いただきます。なお、一度お支払いいただいた対象年の書類は永続的に出力が可能です。

よくある質問

A: 政治資金クラウドにはfreeeの管理者用アカウントのみログインできますが、政治資金クラウドではシステムへのログイン情報や政治資金収支報告書を作成するための元となる取引データは一切保持しない仕組みです。 freeeに登録された取引情報は、freeeのログインIDとパスワードを知っている者のみがアクセス可能となります。
ただし、トラブルの解決を目的にドットジェイピーがfreeeへのログイン情報の提供をご相談をさせていただく場合がございます。

A: 政治資金クラウドでは、初ログイン時に自動的に政治資金会計用の勘定科目をセットアップしますが、freeeに初期登録されている企業会計用の勘定科目や、ユーザが自らfreeeに追加登録した科目はサポートされません。
詳しくは勘定科目一覧[利用ガイド]をご参照ください。

A: 政治資金規制法に準拠した政治資金収支報告書(第14号様式)の他、収入簿・支出簿、使途等報告書、徴難明細書、支出目的所、寄附金控除書類等に対応しています。
※ 政治団体の運用簿及び、候補者の選挙運動費用収支報告書には対応しておりません。

A: 政治資金クラウドから政治資金収支報告書を含む書類の出力行う際に、クレジットカードでの決済が必要となります。 また書類出力は対象年ごとに一回のみのお支払いとなり、翌年自動的に引き落とされることはございません。なお、本システムの決済にはクレジットカードのみ対応しております。

A: ネットバンキングを利用していない場合、口座の入出金情報はすべて手動で登録する必要があります。 本サービスをご利用頂ける場合はご利用の金融機関のネットバンキングもあわせてご検討ください。

A: freeeの一般的な使い方についてはfreeeのサポートへご連絡いただけますが、政治資金の会計特有の使い方についてはドットジェイピーへお問い合わせください。 ただし、規正法や公選法に関するご質問はお答えしかねるため、所管の行政窓口までご相談ください。

ご質問、導入のご相談は

政治資金クラウドの導入をご検討の方で、ご質問がございましたらお気軽にご相談ください。
政治資金クラウドの使い方については利用ガイド(WEB)スターターガイド(PDF)もご参照ください。

政治資金クラウド

問い合わせ先

NPO法人ドットジェイピー 政治資金クラウド係


フリーダイヤル(平日 10:00-18:00)

0120-098-214

  

運営

NPO法人ドットジェイピー
東京都千代田区麹町2-10-2 プレミアムオフィス麹町304
www.dot-jp.or.jp


助成

GoogleImpactChallenge

本サービスはGoogle社が革新的アイディアを支援するGoogle Impact Challengeの助成を元に提供しています。